【浦和レッズアウェイ観戦記】名古屋グランパス戦(豊田スタジアム・2019年5月12日)

2019年5月13日

結果は2-0で敗戦。名古屋に何もさせてもらえず力の差を見せつけられての完敗。

今日の試合とスタジアムの感想について書きたいと思います。

【試合内容】

浦和レッズ

全体的に動きが重く、タイ遠征の見えない疲れが残っているように見えました。

フルシーズンを戦っていく上で、興梠や槙野など、本来であればACLを含めフル稼働する主力をどこかでターンオーバーさせたいと指揮官であるオリヴェイラも考えているとは思いますが、如何せん今のJ1は戦力が均衡している。

ACLも死のグループ(北京国安は中国リーグ現在1位・全北現代もKリーグ現在1位・ブリーラムユナイテッドもタイリーグ現在2位)に属しているので、ターンオーバーが全くできないところが辛いですね。

柏木について

パフォーマンスが悪く、ネット上で1番批判も多かったですね・・・。

裏を返せば、それだけパフォーマンスに対する期待も大きい選手ということ。今日の試合の中でも、1度柏木にしか出せないスルーパスを見せました。今までも多くの批判の声に晒されてきた選手ですが、その度に結果でその声を黙らせてきた選手でもあります。必ず復活してくれると思います。

荻原について

攻撃での積極的な仕掛けにアグレッシブな前線からの守備。途中出場ながら1番良いパフォーマンスを見せてくれたと思います。

試合後の悔し涙は、原口元気や関根貴大など、浦和レッズユース上がりの生え抜きが見せてきたものに通じる負けん気の強さを感じます。偉大な先輩たちのように、悔しさをバネに大きく育ってほしい選手と思いました。

エヴェルトンについて

気温が上がるにつれてパフォーマンスが上がってきました。特にボールキープ力が目に見えて良くなってきた気がします。これから夏場にかけて更にパフォーマンスを上げてくれるかもしれません。

苦しい状況が続きますが、待望のファブリシオ復帰も間近に迫っています。

今日は負けましたが、あくまで最後に何位でいられるかが最も重要なので、前向きにいきたいところです。

名古屋グランパス

力は本物で、終盤までの優勝争いは濃厚です。

ジョアン・シミッチが名古屋の潤滑油として、恐ろしいぐらいに機能してました。運動量・パス・トラップ・視野の広さ・ボール奪取力に優れ、高さをも兼ね備えた、今年のJリーグのNo.1ボランチと言っても良い存在でしょう。

名古屋の去年と違う点として、

・ウィークポイントだった左SB・ボランチがストロングポイント(吉田豊・シミッチ・米本)に変わった

・シミッチ加入により、ガブリエルシャビエル以外にパスの供給源が増え、今年はシミッチからも攻撃を組み立てられるようになった

この2つの点が大きいように見えました。

前田直輝や相馬など、ベンチにもタレント性のある選手が控えており、層が厚い印象です。昨年は開幕後の失速であわや降格の危機に瀕したチームでしたが、今年はそんなことは余程の事がない限り(ジョーやシミッチ、ガブリエルシャビエルあたりが全員離脱するとか)、今後も各チームの脅威になるのは間違いありません。

豊田スタジアム

豊田スタジアムへは初めて行きました。

ガンバの吹田程ではありませんがピッチが近くて見やすい。ハード面は素晴らしいスタジアムです。

一方で、一部こうしたほうが良いのではと思った点も。

アクセス

名古屋駅から更に電車で1時間かかるのはしんどかったです。

名鉄は臨時ダイヤで豊田スタジアムの試合日に名鉄名古屋駅→豊田市までの指定席付きの直通臨時特急を作れば、プラスαの収益が見込めそうなので、やればいいのにと思います。名鉄の経営陣にガチのグランパス好きがいなくて、そういう発想がないのかもしれないですが。。

スタグル

もうちょっと名古屋名物があれば良いのにと思いました。

スタグルの屋台の写真を撮り忘れたので、店のリストをグランパスのリンクで。

http://nagoya-grampus.jp/stadium/toyota-stadium/gourmet.html

味噌カツの串カツの店はありましたが、名古屋名物のきしめんや名古屋コーチンを使用した親子丼の店とか何で無いんだろう、あれば食べたいのにと思いました。

過去にスタグルで面白い取り組みをしてたのが、2年前に訪れた野球の楽天イーグルスの本拠地。

東北の名物料理をその場で味わえる屋台とフリースペースが用意されていて、当時大盛況でした。

スタグルは試合観戦以外の来場目的にも繋がる可能性を持っているので、もっと力を入れていいコンテンツじゃないかなと思います。