ブリーラムについて ②ブリーラムユナイテッドホームスタジアム「チャーンアリーナ」ガイド

2020年2月3日

ブリーラム・ユナイテッドの本拠地「チャーンアリーナ(サンダーキャッスル)」は2011年にオープンし、3万人以上を収容できるサッカー専用スタジアムです。

外観が格好良く、ピッチも近い臨場感のある素晴らしいスタジアムです。

今年(2019年)3月10日にブリーラムの試合を観てきましたので、スタジアムガイドについて書きたいと思います。

街中からスタジアムまでのアクセス

前回の記事にも書きましたが、ブリーラムは電車やバスなどの交通インフラが整備されておらず、街中からスタジアムへの移動は徒歩かタクシーしか選択肢がありません。

しかしながら徒歩はブリーラムの街中からはスタジアムから数kmあることから、基本はタクシーでの移動となります。

タクシーを利用する場合、流しのタクシーでなく、配車アプリのGrabを利用するのが一番オススメです。Grabの使い方は、下のブログに非常にわかりやすく書かれています。

東南アジア旅行で大活躍 Grab Taxiの登録方法・使い方を徹底解説:https://www.lehman-miler.com/2018/04/grab.html

唯一、ブリーラムユナイテッドが直営するホテル「アマリブリーラムユナイテッド」であれば、スタジアムから目と鼻の先にあります。

アマリブリーラムユナイテッド(booking.com):http://www.booking.com/Share-Of6jxX

当日券チケット購入方法

当日券はスタジアム正面の左脇にあるチケットブースで購入ができます(写真のE2ゲートの右隣)。価格ですが、タイリーグのホームゲームではメインスタンドの前目の席で200バーツ(約700円)でした。

指定席はチケット購入時に座席指定が可能です。

ACLのチケット

ACLはチケット購入の情報がネットにも出回っておらず、タイリーグ観戦当日(3月10日)もACLの前売り券は販売していませんでした。恐らくタイリーグよりはチケットの値段は高いはずです。それでもVIP席以外であれば、高く見積もっても500バーツ見れば問題ないと思われます。

アウェイ専用席

アウェイ専用席はスタジアム正面から見て右側に用意されています。

尚、アウェイ席は自由席です。

観戦時の注意点

ブリーラムユナイテッドの応援席

ブリーラムサポーターの応援席はバックスタンドになっています。ゴール裏がサポーター応援席になっていることの多いJリーグとは異なります。

開場時間が遅い

試合開始1時間前ぐらいに入場ゲートが開場しました。開場はギリギリの印象です。

飲食物持ち込み禁止

スタジアム内の客席へは飲食物の持ち込みは一切禁止です。

観戦当日、予め入場前に外でスプライトを買っていました。

ゲート入場時は止められなかったのですが、客席に入るための階段を登ろうとしたら警備員に止められ、飲食物は持ち込めないと注意されました。慌ててドデカサイズのスプライトを一気飲みするハメに・・・。

飲食はスタジアム入場前に済ませておきましょう。スタジアム周辺に飲食店は豊富にあります(詳しくは次回のブリーラムに関する記事で書きます)。