ブリーラムについて ①ブリーラムへの移動手段

2019年5月13日

今年の3月にマレーシア・ラオス・タイ・ミャンマーと一人で周り、その中でタイのブリーラムにも途中立ち寄りました。その時の様子はYouTubeにもアップしています。

ブリーラムは今年の2月中旬〜3月下旬にかけて、約1ヶ月強に渡り一人旅をしていた中でも、最も思い出深い土地の一つです。

5月7日に浦和レッズVSブリーラム・ユナイテッドのACLの試合があるわけですが、この機会に多くの浦和サポに是非訪れてみて欲しい場所です。もちろん、浦和をサポートして勝つことを見届けるためが遠征の最大の目的であることは大前提として。

さて今日はまず、ブリーラムにおける移動手段について書きたいと思います(多くの浦和サポの方はHISのツアー利用でブリーラムに行かれるでしょうから、果たして需要があるかわかりませんが・・・)。

ブリーラムへの行き方

ブリーラムへの行き方は、大きく分けて3つの方法があります。

飛行機での移動

ブリーラム空港は、バンコクのドンムアン空港との往復で1日5便の飛行機がタイ国内便として飛んでいます。片道約1時間です。同じバンコクのスワンナプーム国際空港との往復便ではないので注意です。

私が一人旅で飛行機を利用したときはエクスペディアで予約しました。いくつかの航空券予約サイトで調べた限り、エクスペディアでの利用が一番安かったはずです。

エクスペディア:https://www.expedia.co.jp

ブリーラム便はエアアジアとタイノックエアの2つのLCCが就航していますが、タイノックエアのほうが全般的にサービスは良いです。エアアジアはThe・LCCという感じでかなり割り切った対応です。笑

バスでの移動

バンコクのモノレールBTSのモーチット(Mo Chit)駅から離れた場所に、ナコンチャイエアー(nakornchai air)というタイ大手のバス会社が運行している高速バスのターミナルがあります。

Nakornchai Air Bangkok Bus Center:https://goo.gl/maps/SJeDZQqreCZSgaUq9

このバスターミナルからおよそ6〜8時間(休憩込、変動が大きいです)でブリーラムのバスターミナルに到着します。

値段は3月に利用した際は一般料金が323バーツ(約1,000円)、VIPは431バーツ(約1,500円)でした。

Buriram Bus Terminal:https://goo.gl/maps/YLMZpKzyReN811Ca6

バンコクからの移動費用をとにかく抑えたい方には最適なルートです。

移動時間が読みにくいのが難点です。

寝台列車での移動

一人旅前にブリーラムへの移動手段を検討している時、下のブログ記事を参考にしていました。

ブリーラム空港→街中への移動方法

普通のタクシー

ブリーラム空港の入口の目の前にタクシー乗り場があります。

相場は移動距離によって多少異なりますが、大体500バーツ(約1,750円)〜550バーツ(約2,000円)です。ブリーラム空港は街中から30km以上離れた場所に位置しているので、どうしてもこれぐらいの値段になってきます。

メリットは行きたい場所までノンストップで行ける点

デメリットは価格が高めな点とボッタクリにあう可能性がある点です。

必ず乗車前に価格交渉を行ってください。降車前にドライバーに吹っかけられた金額についておかしいと言い張っても、最終的に言い値で払わざるをえない状況になります。

価格交渉はシンプルに英語でHow much?でOKです。

これで市街地まで1,000バーツとか言われたらボッタクリタクシーの可能性が高いですので、強気に交渉でOKです。

Grab

Grabは東南アジア版のUberです。これはめちゃくちゃ便利です。

iPhone:https://itunes.apple.com/jp/app/grab-app/id647268330?mt=8

Android:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.grabtaxi.passenger&hl=ja

ブリーラム空港にもブースが設置されていました。

Grabは予め乗車前にアプリ上で乗車予約を行い、指定されたドライバーが迎えにきて、乗車地から目的地まで送迎してくれるサービスです。クレジットカードを登録しておけば、お金のやりとりも発生せず、乗って降りるだけで済みます。

料金設定はGrab側で行い、またドライバーを評価するシステムが導入されているので、ボッタクリの心配がありません。ドライバーが個人的にふっかけようものなら、ドライバー個人の評価が下がり、誰も乗ってくれなくなります。

Grabの登録方法は、下のブログに非常にわかりやすく書かれています。

東南アジア旅行で大活躍 Grab Taxiの登録方法・使い方を徹底解説:https://www.lehman-miler.com/2018/04/grab.html

相乗りのバン

値段が安いです。街中にあるブリーラムバスターミナルまで80バーツ(約250円)で乗れます。ただしホテルなど指定の場所まで基本届けてくれませんので、ブリーラムで宿泊先を抑えている場合、そこからはタクシーで宿泊先に向かう必要があります。

相乗りバンの利用料金は、降車の直前にスタッフに現金を手渡します。

街中に来た後の移動手段

ブリーラムは日本やバンコクのように電車も整備されておらず、移動手段はタクシー(Grab)のみに限定されます。

また夜は野犬が多く出没する&非常に凶暴なので、徒歩移動は危険です。絶対にやめましょう。あちこちで野犬が吠えています。本気で怖いです。歩いている人間を追いかけ回してきます。万が一噛まれたりしたら一大事です。

夜のブリーラムは地元の人もバイクや車を使い、歩いて移動している人はまずいません。

移動手段がかなり限定されるのは、ブリーラムのウィークポイントではありますね。。

次の記事では、ブリーラムユナイテッドのスタジアムと、その周辺のポイントについて書く予定です。